<ORIGINクラス紹介>

<ピラティスパーソナル マシン>

ピラティスパーソナルレッスン(マシン)
ピラティスパーソナル(マシン)
ピラティスパーソナル(マシン)価格(水素水+トレッドミルフリー)
1回 ¥9.180-(税込)

4回(2ケ月) ¥36.180-(税込)(¥500-off)

8回(5ヶ月) ¥71.820-(税込)(¥15.00-off)

20回(6ヶ月) ¥153.600-(税込)(1回/¥7.680-)

<ピラティスパーソナルならマシンピラティス>

オススメ!

ピラティスと言えばマットピラティスも良いですが、欧米では定番のマシンピラティス、歪みや癖など細かい部分もご自身で分かって頂けるようになり、身体への意識がより高まります。トレーニングの強度も個々に合わせて、選択できるのでマシンでのピラティス効果を存分に体感できますよ。

マットでの安定した動きを求めるには、先ずはマシンの使用をおすすめ致します。ピラティスマシンによって、パワーハウス(=体幹)の部分をより意識しやすく、インナーマッスルを一層強化できるのもマシンが得意です。怪我をしたアスリートやダンサーたちは、リハビリとしてマシンピラティスを使用していますし、エンターテイナーには必須の優れものです!リフォーマー1台でおおよそ数百種類のエクササイズメニューをご提供できます。

あらゆるフィットネスマシンの域を越え、どんなエクササイズも可能にするピラティスマシン、緑区にあるここ、名古屋ピラティススタジオORIGINでピラティスパーソナル(マンツーマン)をお試し下さい。



<ピラティスマット>

①ピラティスマットグループ
グループマットレッスン
グループマットレッスン
 ピラティスが初めてや運動経験があまり無いような方でも、講師が1人1人しっかり見ていきます。少人数制なので、分からないや不安もその場で解決。ピラティスの効果をしっかりと体感していただけます。クラシカルピラティスによって、身体の不調を軽減させ、理想のボディへ導いていきます。回数を追うごとに、素晴らしい変化を実感していただけますよ。
グループマット価格  
 1回  ¥3.240-(税込)
4回(2ヶ月) ¥12.420-(税込)(¥500-off)
8回(5ヶ月) ¥24.840-(税込)(¥1.000-off)
20回(6ヶ月) ¥58.000-(税込)(1回/¥2.900-)
②ピラティスパーソナル(マットのみ)
ピラティスパーソナルレッスン(マット)
ピラティスパーソナル(マット)

 おすすめ!

インストラクターと1対1で行います。その方の癖や歪みをしっかり見て修正していけるように、気づきのポイントをご教示致します。ご自身に合った最適のプログラムをご提供し、ピラティスの効果をしっかりと体感していただけるように、導いていきます。

ピラティスパーソナル(マット)価格 (水素水+トレッドミルフリー)
1回    ¥6.480-(税込) 
4回(2ヶ月) ¥25.380-(税込)(¥500-off)
8回(5ヶ月) ¥50.220-(税込)(¥1.500-off)
20回(6ヶ月) ¥100.000-(税込)(1回/5.000-)

③ピラティスパーソナル(デュオ)マット 

 

ピラティスパーソナルデュオレッスン(マット)
ピラティスパーソナルデュオ(マット)
 ご家族、友人やカップルの方など、2名様で受けて頂けます。身体の硬さや筋力が違っていても、講師にお任せください。レベルに合わせてその都度、指導していきます。おひとりでは不安な方は是非、お誘い併せてお越しください。プライベート空間で、お時間の選択も自由にお取りいただけます。お気軽にお申し付けください。

ピラティスパーソナルデュオ

(マット)価格(2名様で)

水素水フリー
 1回 ¥10.800-(税込)
4回(2ヶ月) ¥42.660-(税込)(¥500-off)
8回(5ヶ月) ¥84.780-(税込)(¥1.500-off)
④キッズピラティス
キッズピラティスレッスン
キッズピラティス

 

 幼少の頃からの癖は、大人になってから治すのはとても大変なことですね。そうなる前に、ピラティスで綺麗な姿勢を作る習慣を身につけませんか。将来アスリートやダンサーを目指すお子様の身体作りもサポート致します!

ピラティスパーソナル

(小学~高校生)    

水素水、トレッドミルフリー
 1回  ¥4.860-
4回(2ヶ月) ¥18.900-(¥500off)
8回(5ケ月) ¥37.260-(¥1.500-off)


<バレエピラティス>

只今、準備中でございます。


<よくあるご質問>

なぜ少人数制ですか?

人は1人1人、骨格や柔軟性、生活環境も違います。そのような条件下で大勢が全く同じエクササイズを行っていても、効果は表れません。

ピラティスは解剖学を元に研究され続け、身体の奥深くの行き届きにくい部位を動かしていくので、個々に合わせたエクササイズがとても重要ですし、指摘する部分が異なってくるので、大勢対象では基本的な事しか伝わりません。ですから、少人数制を推奨しております。

ピラティスは本来、マンツーマン形態=パーソナルトレーニングが基本です。

マシンとマットの違いは?

どちらもピラティスにおいては欠かせません。

ですが、どちらを推奨するかと言えば、断然マシンですね。

マシンの、特にリフォーマーはリハビリから考案されたものですので、ピラティスが初めてや、身体が硬い、筋力が弱い方などにとても適しています。身体の細かい部位を動かせたり、歪みをきっちり正すことが出来るからです。マシンでもマットでも安定した動きが出来るようになれば、ピラティスの効果を実感していただけるはずです。