ピラティスインストラクターになって

めっきり、ご無沙汰しております(*_*; 一日、一週間がなんとも早く過ぎていく今日この頃、暑さもまだまだ続いていきそうですね・・・。

今日は、ピラティスインストラクターについて、お話ししようと思います(^^♪

 

私は、ずっとダンサーでしたが、指導の方にも力を入れていました。特に作品の振付が好きでして、人が考えないものを考えて作り出すことが、とても楽しいと感じていました。

かれこれ、20年間くらい続けていくうちに、ふとしたきっかけで、自分の周りにいる人とは違う何かをしてみたくなりました。

 

そんな時、基礎トレーニングとして取り入れていたピラティスに関心が高まり、もっときちんと勉強したいなという思いから、同じ勉強するなら、インストラクターの資格を取ろうと決意したのです(*^^)v

 

それからは、インストラクターの勉強に専念し、マット、マシンの資格を続けて取りました。

そして、緑区にスタジオもオープンさせ、一気にピラティスインストラクターとしての活動が始まりました(*^^*)

 

ピラティスインストラクターの資格を取る期間は、これまでにないほど勉強し、解剖学等、分からないことだらけでしたが、必ずこの道を成功させるという強い信念を持ち臨みました。

そして、何よりもピラティスメソッドにより自身の身体が変化していくのが目にみえてわかり、そこがまた楽しくなりました。

ダンスの何時間にも及ぶ過酷な練習より、60分間のピラティスメソッドがとても身になることを、痛感したこともあります。ダンスは芸ですので答えはありませんが、ピラティスには明確な正解があります!

かつてのダンス仲間にも、ピラティスの素晴らしさを少しづつですが伝えています。

 

ダンスというバックグランドもあって、今年はPSGAの認定校としてグランドマスターを取得、10月には養成コースを開講することになりました(^◇^)

 

ピラティスインストラクターになって思うことは、資格という素晴らしい賞だけにならないように、日々の積み重ねがとても大事だと思います。

自身のトレーニングを欠かさず、分からない事や疑問はすぐに解決する、真心で人と接するなど・・・。

<人>としての思いやりや、マナーをもって活動しなければいけないと思っています。

そして何よりも、この素晴らしいエクササイズを世に生み出したピラティス、それを後世に伝えるべく使命を持ったヘザー。

もう尊敬でしかありません!!(*^▽^*)

 

自身もピラティスをより伝え広めるために、ピラティスインストラクターよして、さらに活躍していきたいと思います(^^)/